FC2ブログ
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/12/12//Thu.
元気です。
11月5日
血液検査。だいぶ数値に改善の兆しが見られる。
エコーで見た胃壁は最初の1/5程度に。ほとんど正常な状態に近いらしい。
sidは前にも増して食い意地がひどい。これも抗がん剤の後遺症の一種だとのこと。
sidは全く元気。
注射「ビンクリスチン」2回目
処方薬「サイクロホスファミド」「プレドニゾロン」抗生物質はなし。
毎週火曜日のスケジュール帳に「sid」と記入


11月12日
血液検査の結果、数値は順調に改善。白血球数が少ないのとまだ貧血気味なのはちょっと気がかり。
エコー検査はなし。
注射「ビンクリスチン」3回目
処方薬「サイクロホスファミド」「プレドニゾロン」


11月19日
血液検査とエコー。もうほぼ正常な状態だが白血球数が少ないのとまだ貧血気味なのは変わらず。
注射「ビンクリスチン」4回目
処方薬「サイクロホスファミド」「プレドニゾロン」


11月26日
血液検査。前回と変わらず。
注射「ビンクリスチン」5回目
処方薬「サイクロホスファミド」「プレドニゾロン」
体重4.6kg
この1ヶ月、ネットで情報を収集したりして少し気持ちの整理が付いたところで、再度院長先生に確認した
「先生、最初に言ってた『一年』って、どういうこと?」
院長先生は初回と同文言を繰り返した。さらにやさしい口調で。
「一日一日を大切にして下さい」と締めくくる。
(先生よぉ、らしくないじゃないか。でも分かったよ。大切にするよ。もちろんするさ。ありがとうございます。この病院に来て本当によかったよ。あんたに付いて行くよ。もう一匹いるからさ、こいつの面倒も見てよね)
「で、先生、こいつ元気なんですけど、やっぱり散歩はしない方が、、、」
「あのね、重症だってことを認識して下さいよ!!」(といつもの口調に戻る)
「は、はい。てへぺろ」


12月3日
血液検査。まだ白血球数がちょっと少ないらしいが、かなり数値がいいらしい。薬が確実に効いて安定している状態。
ちょっと抗がん剤の注射は様子を見てみようかということで、薬の処方のみ。
処方薬「サイクロホスファミド」「プレドニゾロン」


12月6日
血液検査。
やはりいい数値。
抗がん剤注射はまたも見送り。
薬はまだあるので処方無し。


12月10日
雨が降っていたので、sidだけを連れて病院へ。
sidが来てから8年、ashは8年ぶりのひとりお留守番。そっちの方が心配だよ。

今日も混んでいる。1時間ぐらい待って診察室に呼ばれる。
これまでの経緯(カルテ)を見た院長は「今日は血液検査はいいだろう」ということで注射のみ。
次回は2週間後。
注射「ビンクリスチン」6回目
処方薬「サイクロホスファミド」「プレドニゾロン」
体重は測ってないけど、おそらく5kg近い。


sidはすこぶる元気です。
食事のときは相変わらずジャンプするし、バギーで散歩してても降りたがるし、気分転換にと降ろすと跳ねるように嬉しそうに歩くし、全く普通の生活。
ひとつ違うことは食い意地が激しすぎるので、これまでは蓋を開けてまで盗み食いすることはなかったのが、それをやるようになったこと。餌の置き場を変えました。


あとどれくらいsidといっしょにいられるのか分からないけど、これまで以上に大切にすることは出来ない。だって、これまでだって最大限の愛情を注いで来たつもりだから。そりゃあドッグフードだけどさ。歯磨きもおろそかだったけどさ。スマン・・・
でも少しでもsidのことを記憶に強く止めておけるように誰にも読まれることはないだろうblogに記しておこうと思い立った。
そうすることで、もしかしたら天国のスラッシュが力を貸してくれないかと少し期待してみたり。
このblogはごく近しい人にしかアドレスを教えないつもりです。
まあ知らない人が(もしくは知っている人も)ググって見られる可能性はあるだろうけど。それはそれで。

ここまでの記事は一気に書いた。
病名が判明するより以前の日にちのずれが少しあるかもしれない。
判明したら訂正します。
スポンサーサイト

コメント









ブログ管理人にのみ表示を許可する

トラックバック

trackback_url
→http://studiokaz.blog68.fc2.com/tb.php/10-27d21530
template by 白黒素材

//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。